ブランク10年以上からの復職。遠回り人生で修行中です。

10年ぶりにブランクからの復職、病気、育児、ワーキングママについてのブログです。

食物アレルギーとアトピー ③ あれもこれもダメ。調味料は塩麹

生後10ヶ月の時に小児科受診で採血をしました。

生後2ヶ月では卵だけ出ていましたが、10ヶ月の時には乳、大豆、卵、鮭、ピーナッツ、小麦、ハウスダスト、ダニ、スギ、ブタクサ・・・などありとあらゆるアレルギーに反応していました。

 

 

私のなかでは納得の内容でした。

卵を除去してもアトピーがよくならず、母乳が出なくなり粉ミルクにしていたので、乳アレルギーがあるなら粉ミルクも原因だったとわかり、粉ミルクはやめて、離乳食で除去が必要なものを除去することになりました。

卵は数値がかなり高かったです。

卵、大豆、乳を完全除去していくことにしました。

医師より食物アレルギー専門外来の病院を紹介してもらい後に受診し、食物負荷試験で入院、治療していくことになりました。

 

 

アレルギーとわかり、成分表示は今まで以上に意識するようになりました。

栄養士の資格を持っていたこともあり、食品の成分に対しての知識はあったため、成分表示の理解は問題ありませんがあれもこれも使えないということで食事作りの大変さはかなりありました。

 

 

大豆がダメ、つまり味噌、醤油も使えないため味付けは毎日塩こうじを利用していました。こうじは発酵食品ですし、旨味もでます。大量に使うため、生こうじを大量に購入して塩こうじ作り。作り方は私は醤油こうじのほうが楽ですが、息子は醤油も使えないため塩こうじを活用していました。

 

 

塩麹には、美肌に最適と言われるビタミンB群が多く含まれています。

ビタミンB1は、疲労回復や脳を活発にする重要な働きをする成分です。

ビタミンB2やビタミンB6には細胞の再生を促す効能がある栄養で、健康な肌や髪の毛などを作る働きがあり、口内炎の予防にも有効です。

 

卵料理を食べた後の授乳で毎回顔が赤くなり湿疹がでていた息子、生後2ヶ月の採血にて卵アレルギーがわかった息子。

そこから卵を私が完全除去し、母乳育児でしたが娘、息子二人の様々な病院通院、通院疲労、寝不足、ストレスもあったためか母乳も突然出なくなってしまいました。

粉ミルク育児となり息子10ヶ月の時の採血から大豆、乳、小麦などアレルゲンとなるものを完全に除去。除去から2ヶ月ほどで息子の肌はみるみる変化が表れました。ガサガサジクジクもなくなってきていました。

 

食物アレルギーでの苦悩はまだまだその後も続きますが息子の肌に大きな変化があったことは、肌を掻きむしる息子の姿に悩まされていた母として何より嬉しかった時でもありました。

 

つづく

 

 

 

小学校入学 ヘルメットで初登校

初登校の朝は雨で傘を持ちながら大荷物に。

 

登下校での道のり、民家の古い外壁などの危険もあるため、今年からヘルメット登校になりました。ヘルメット?と聞いて最初はガッチリ重たいヘルメットを予想していましたが、スタイリッシュな自転車のヘルメットなので軽いです。

 

以前は学校が隣という便利な環境での通学だったこともあり、ランドセルの重さもさほど気にせずにいられました。どこのランドセルにしようか事前にパンフレットを取り寄せ、最終的にシンプルだけどみんなとかぶらないデザインを選んだ娘。

表参道店で6月に購入。お気に入りの鞄工房山本の黒いランドセルにウキウキしていた娘ですが、引っ越してからは登下校の時間が長くなり、学年が上がり教科書も増えてきたので1400g牛革ランドセルの重さに苦痛を訴えるように。

確かに教科書の入った娘のランドセルを持つと重すぎ。昔はこんなに教科書の重さで悩まされたこともないけど、今は重たい。重たいけれど娘のランドセルは型崩れすることもなく、表面撥水加工のお陰で雨で染みになることもなく、傷もなく牛革の程よい光沢が出ています。

 

子供たちが登下校しやすいように教科書が学校で置ける環境になってくれたら良いのですが😥

 

 

 

息子はかなりやんちゃなので、娘の経験からランドセルを買うお店を変更しました。

扱いが雑な息子には娘よりは軽いけどとにかく丈夫なクラリーノストロングにしました。軽くても丈夫でデザインは人とかぶらないものを探しました。丈夫になるとやはりそれなりの重さはあります。1250gのランドセル。息子の大好きな色のランドセルが見つかりウキウキ。あとは持ち手があり、学童の送迎時など親は持ち運びしやすく持ち手が壊れたり邪魔な時は取り外せ修理にだせるのもポイントでした。息子は神田屋鞄製作所に。

 

 

 

 

今日はヘルメットをして、傘をさすといういつもとは違う感覚にまだ不慣れなため歩きが危なっかしい息子。荷物の入った手さげにはお道具箱、逆の手には傘、ランドセルには粘土やら荷物が。

落ち着きない息子は荷物やら傘のあちこちが気になってクラゲのように左右にフラフラとしてました💦

娘にお願いして算数セットは持ってもらい集合場所へ、フラフラとしている息子を心配して荷物を持ってくれた登校班の班長、5年生のお兄さんの優しさに朝からほっこりとしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食物アレルギーとアトピー② 生後2ヶ月でわかった時。

現在6歳で食事制限なしになった息子ですが食物アレルギーがわかるまで、わかった時、何に苦労したか、子供の状況などを伝えたいと思います。

 

アトピー、食物アレルギーがあるのかもと感じた時は乳児湿疹の時でした。

 

乳児湿疹(にゅうじしっしん)は、顔や体の一部など、乳児期の赤ちゃんに見られる湿疹の総称です。生後2~3週間から2ヵ月頃に多く見られます。
 
原因として胎内で母親から受け継いだホルモンの影響が続く生後2ヵ月までは、赤ちゃんは皮脂分泌が盛んなため皮脂量が多い頭、顔、脇の下などに湿疹が出ます。

 

長女は生後2ヶ月までには綺麗に乳児湿疹が落ちついていたのに対して息子は頬から黄色い汁がジワジワと出るほどのジクジク、ガサガサ肌でした。なかなか治らない乳児湿疹に私はアトピーだな。そう思っていました。

私が卵料理を食べた後の授乳では息子の頬っぺたが赤くぶつぶつ毎回なることにもしかしたら卵アレルギー?そう疑問を持っていました。

皮膚科受診、乳児湿疹は悪化するばかり、生後2ヶ月,

医師からは母乳で移行なんてほとんどないし、採血する必要ある?と怒られてしまいましたが乳児湿疹だけとは思えないと、医師にお願いし採血してもらいました。

採血では卵アレルギーがすでに出ていたため医師からは卵を除去するよう指導されました。

 

母乳でも症状が出てしまっているため、私の食生活は卵を除去することになりました。

 

 

卵は魚介の練りもののつなぎやお菓子、パン、麺類、調味料、惣菜などに使われています。

 

母乳への移行ってどの程度なんでしょう。

大体、以下の時間と言われています。

卵:母親が鶏卵1個を食べたあとの母乳には、卵白アルブミンが数ng/ml(1ngは100万分の1g)の濃度で、3個の生鶏卵で、数10~100ng/mlが検出されるとの報告があります。個人差や、一緒に食べる食品、調理状態によりますが、母乳に成分が出てくる時間は、大体2~3時間後からで、8時間後くらいまで母乳に含まれると言われています。

 

牛乳:個人差や、一緒に食べる食品、調理状態によりますが、母乳に成分が出てくる時間は大体3~4時間後からで、8時間後くらいまで母乳に含まれると言われています。

 

カフェイン:カフェインのADI(Acceptable Daily Intake、一日摂取許容量)は設定
されていませんが、授乳時の母親において推奨する1日当たりの最大摂取量(300mgな
ど)が設定されている国もあります。最大摂取量よりも下回っている範囲内では乳児
への影響については問題視する必要はないとの評価もなされていますが、1日当たり
の最大摂取量は国によっても幅があります。

 コーヒーや紅茶、緑茶に含まれるカフェインは摂取後、母乳中には15~30分でピークとなり、1~2時間でその大半が母乳中に移行すると言われています。海外の文献によると、カフェインが母乳に移行する量は0.06~1.5%との報告もあります。母親の体内の半減期(体内から排出され、半分に減るまでの時間)は5時間程度ですが、新生児では半減期が98時間、生後3~5か月には約14時間と排出に時間がかかり、母親が毎日カフェイン飲料を飲み続けると、蓄積された状態が続いてしまいます。

 

 

卵を除去し、処方されたステロイドですがステロイドに対しての細かい指導はなく効いていないのはしっかり塗っていないから。と言われてしまうばかり。

ステロイドを使っていても肌は戻らず、ステロイドにより一時的には表面的になんとなく綺麗になっていても休薬するとまたジクジク、耳切れまで。他にもアレルギーがあるんだろうな。ステロイドで抑えつけられているだけかも。そう感じていました。卵以外もアレルギーになりそうな食品を除去し、当時息子はアレルギー以外にも胃軸捻転症の苦しさで寝かしつけも一苦労、自力排泄困難もあり通院し排便コントロール、姉のヒルシュスプルング病と一緒に通院していたこともあり寝不足、疲労が続き母乳が生後3ヶ月頃に突然全く出なくなってしまいました😿

 

娘はほぼ母乳育児だったこともあり、まさかこのタイミングで急に出なくなるなんて。

地域の保健師に母乳でもう育てられないことを相談したことがありました。

「初乳が飲めれば立派。」 「ミルクを活用してママ頑張りすぎないでね。」

相談したことでなんだかふっ切れていた自分がいました。粉ミルク、2ヶ月の採血時点では牛乳、大豆にはアレルギーでていなかったため粉ミルクは市販のものにしました。それでもアレルギーがでにくいというE赤ちゃんという少し値段高めのものにしていました。

E赤ちゃんはアレルギーの原因となったり、それと反応するIgE抗体を作りやすい性質を抑えた消化吸収しやすいミルクでした。

 

息子の肌は痛々しく、当時はいろいろな苦痛が多かったためか笑顔もほとんどなく写真やビデオも娘に比べて極端に少ないです。

 

赤ちゃんのとても薄い爪はしっかりカットしても顔をかけばあっという間に傷だらけに。

当時の息子は両手に綿のミトン、腕の関節にはトイレットペーパーの芯に切れ目を入れて布を巻いて腕の関節を曲げて顔を引っ掻いて傷だらけにならないようにしていた時期もありました。

 

生後10か月の時、ママ友から「近医で新しくきた先生がアレルギーに詳しくて、紹介状で○○病院受診してきたよ。○○病院はアレルギーの負荷試験やっているよ。子供がアナフィラキシーおこしちゃって。」そんな情報を聞きました。

 

息子の治らない肌、他にもアレルギーがあるのだろうと不安もあったため紹介の病院受診で今までの息子の経過(乳児湿疹治らず悪化し採血にて卵アレルギーわかり、母乳のため食事で除去するが母乳でなくなりミルクへ移行、症状よくならないため来院したこと)伝えました。

 

 つづく。

 

 

遠回り人生。育児、家事、仕事の両立でへこんだりのぼったり。

考え方変えてみました。

 

 

人生いろんなかたちがあるけれど、辛い時ってついついマイナスに気持ちがいきすぎてしまい、最近、自宅に帰ると今の自分に文句を言ってばかりになっていました。

けれど、今の自分に文句を言ってばかりでは現状は何も変わらないです。

文句だけでは道も開けないし、自分が辛いだけ。前向きになってくると気持ちも楽になります。自信が持てるようになるともっと楽になることも多いからこそ、今は仕事で沢山経験するのみ。

 

 

「辛いことは全て自分への経験」今の経験があるから次につながる。そう思って日々過ごしています。

 

 

私の年齢で看護師でキャリアを積んでいる方はかなりのベテランです。

遠回り人生かもしれないけれど、今はとにかく目の前の課題を乗り越えていくことが大事。

 

育児、家事、仕事の両立に毎日ぐったり。

 

看護師はどこも人手不足。入院、退院、検査、手術、残業、残業。

勤務は毎日バタバタです。

職場が遠く保育園、学童の迎えが間に合わなくなっていたり。

 

ワーキングママ、何がベストかなんてまだわからないです。

 

小学校一年学童待機に悩み働き方に悩んだ時を思えば今は病院病棟で働くこともできている。

 

看護師ブランクからの復職。

 

ブランクから働くって壁は沢山あるけれど、周りの理解や支え、職場の人間関係に支えられているからこそ乗り越えられていることが多々あります。

 

 

 

時に逃げたいくらい落ち込んだり、勤務は朝から緊張の連続だけど、1日の終わりが見えると心の中で今日も乗り越えた!そう思いながら日々経験あるのみで過ごしています。

 

 

 

 

心房細動② 内服。イグザレルトとワーファリン。

3月9日は脈の日なんだそうです。

昨年の健診にて心房細動を指摘された旦那、再発です。41歳。しばらく通院も治療もしないで経過していましたが、引っ越し先で今年の2月にカテーテルアブレーション治療をしました。(2回目)

 

引っ越ししたことと、引っ越し先にカテーテルアブレーションで有名な病院があったこともあり、今後の治療、通院を考え紹介状をもらい病院をかえました。病院初診日、心電図にて心房細動が出ているためすぐにイグザレルト(血栓予防)とタンボコール(不整脈改善)が開始に。

 

ワーファリンは薬価安いですが、作用機序にビタミンKが関与しているためビタミンKを多く含む納豆、青汁、クロレラなどを摂ってしまうとワーファリンの作用が減弱してしまう可能性があります。我が家は毎日納豆、スピルリナを摂取しているのでワーファリン内服中は旦那はビタミンKに気を付けていました。

イグザレルト錠15mg 530.40円 1日一回の内服。

ワーファリン錠1mg 9.60円

ワーファリンは昔、旦那はMAX時10.5錠まで内服していました。

 

薬価でみるとイグザレルトがとても高いです。

患者さんにイグザレルト内服している方、時々いますが薬価がこんなに高いなんて知りませんでした。値段まで調べたことなかったので。ワーファリンは旦那が昔、内服していたので薬価は知っていました。

 

旦那からイグザレルトになると聞き、最初は値段を見て高い!と感じましたが、ワーファリンよりもコントロールしやすいなと今は思っています。

薬が1錠ですむことも内服管理には服薬忘れなどの負担も軽減になります。

イグザレルトは吸収率がよく食べ物との相互作用もほとんど影響ないこと、ワーファリンのようにこまめに血液凝固能を検査して用量調節をしなければいけないということもありません。ワーファリンはなかなか効果が出ていなかったため用量も一時期かなり増えていました。医師からも今まで出したことがない量とまで言われて正直旦那も私もこんなに増えて、今は副作用なくても今後大丈夫なのかと不安でした。

効果がかなり出にくかったこともあり、採血時もすぐに血が止まっていたけど、イグザレルトを服用始めてから血液検査時、血がとまりにくくなったと話していました。

 

 

心房細動の合併症として最も恐れるべきは脳梗塞(心原性脳梗塞)重症化しやすいです。

脳梗塞の中でも後遺症や麻痺などの合併症を起こす可能性が高いと考えられています。

 

何故心房細動があると脳梗塞を発症する確率があがるのでしょう?

心房細動は心房が規則正しく収縮できないため心房内の血流によどみができ、血栓(血の塊)ができます。これが剥がれた時に血栓が動脈を通り脳にいき、脳の太い血管を突然詰まらせてしまいます。

私が病院勤務で入院治療中の患者さんに心房細動が既往にあり脳梗塞を発症した方がいました。

旦那の主治医も心房細動の合併症の脳梗塞を何よりも心配し、カテーテルアブレーション治療後も心房細動のコントロールが重要であることも私達にしっかり伝えてくれました。

息子よ、朝から、、、そうきたか(涙)

今日は保育園の遠足でした。

ママは沢山食べる息子のためにせっせと弁当を詰めていました。

 

娘:「ママおはよう。」

少し遅れて息子も起きてきました。

息子「おはよう。遠足だー。わーい。」

 

あれ?なんだか顔が違う。寝癖かな?

 

私は息子の見た目の違和感を感じつつ、弁当に続いて朝ごはん準備進めていたのですが、なんだか息子の見た目がやっぱり違う。

 

娘に「なんだか、顔違うよね?」と息子の違和感について聞くと

娘:「うん!違う!」

 

 

近くに行き、よ~く息子を見ると、、、

 

( ̄▽ ̄;)💦(|| ゜Д゜)💦

 

ま、え、が、み、がー!!!!

 

 

ザクザクにー。

 

 

しかも、超短くなりすぎて剃りこみのようになっている部分まで。

 

 

いったい、いつのまに切っていたんだ?

 

とりあえず自宅のバリカンで急いでなんとか、なるべくザクザクの酷さが軽減できるようにカット。けど明らかにおかしい。

 

今まで眉毛のちょっと下だった前髪だったので激変しすぎ😵

 

息子:「目がかゆくて切ったの、昨日の夜ね。」

花粉症もある息子、まさか昨日の夜に鏡も見ないで切っていたとは。

もしや、ママが片付けしている間か、、、。息子が静かな時こそやっぱり危険⚠️

ママは息子の寝顔横向きだったから気づかなかった。

昨日はぐったりしてママすぐに寝ちゃったからなー。

髪の毛はゴミ箱に捨てていたそうで、確かにハサミだけが朝、テーブルに置いてありました。

 

怪我なくて良かったけど、危ない。

 

保育園ではお友達に「お猿さん」と言われたそうで、「もう自分で切らない」と息子話してました。

 

そうそう。危ないし、自分では切らないでね👻昔もハサミで自分の髪の毛切っていたけど、親が注意しても自分で実感しないとわからない息子です。

 

朝から予定外の髪の毛カットで

 

ママは今日もバタバタぐったりでした。

滋養強壮に鶏ガラスープ 体も心もほっこりに。

f:id:ikujikango:20190126215836j:plain

フードジャー


最近は節約で社食からお弁当にしています。

そして体を温め、気持ちをほっこりとさせてくれるスープが定番になりました。

手作り弁当のほうが荷物が増えたり、ちょっと手間は増えるけど、自分の気分でおかずを考えられるし、慣れてくる。

ステンレスフードジャーに野菜たっぷり鶏がらスープと夜の残り物をおかずを詰めたり、時に缶詰め活用したりしながら時短で。子供がお弁当の時は自分用とは違うので適当にはできず少し手間が増えます。

 

疲れているとちょっとした洗い物も疲れるって思っていましたが、フードジャー活用しはじめてからおかずがそんなに必要ないですし、お弁当もシンプルになりました。

最近のお弁当の定番はフードジャーに鶏がらスープ。

 

鶏がらって身がないぶん食べることはできませんが、安いです。100円ちょっとですし、ダシがでて使えます。

我が家の簡単スープは鶏がらを水でさっと洗い血合いをきれいにします。鶏がら、昆布、和風だし、ショウガ、野菜沢山、水をいれてアクをしっかり取り除き煮るだけです。味付けは醤油など。朝は大きな鍋を温め直してまた冷すのも時間かかるので大きな鍋から必要な分だけ小鍋などに取り分けて温めます。

熱々の状態でステンレスフードジャーに入れれば昼休憩で丁度よい温度でスープが飲めます。

 

 

 

以前住んでいた環境でお世話になっていた中国の先生(私が先生と出会ったのはバタバタ子育て中で睡眠不足とストレスが続いていた時に半年でぎっくり腰3回してしまい、1年以上も歩くことが大変でバスの揺れが激痛で乗れず、電車の座席に座ること、長時間立っていることができず、自家用車も乗るのが大変、自転車を押すことも痛みが走り、生活もままならず。だけど家事、育児に休みはなく、病院の診断は軽いヘルニア程度でしたがどこで治療してもなかなか治らずだった時先生と出会いました。温めることを何より大切にしていた先生です。)から日本と中国の文化の違いを聞きそうなんだ!と思うことが多々ありました。その先生と出会ってからは体を温めることを大切にし、冷たい飲み物はなるべく控えるようになりました。

 

 

「日本はみんな産後ママたちは動きすぎる。日本人は偉いよ。ママたちパワフルだね、中国では産後髪も洗わないなんて言われていたんだから。家事は家政婦やヘルパーにお願いしてママは育児に専念し体を休めるの。」「中国では烏骨鶏のスープ飲むよ。」「日本は冷たいもの飲みすぎだね。」先生がよくそんな話をしていました。

 

産後の肥立ちってよく聞きますよね。日本では3週間は床につく。母親の1か月検診が問題なければ普通の生活に戻ってよいとされています。産後確かに育児、家事に休みはないため疲労は溜まりっぱなしです。私は産後すぐから子供たちの通院で病院をはしごすることになったり、子供たちの病気の関係で寝不足が続いたこともあり、悪露が半年近く続いてしまいました。「無理しないでなるべく休んでください。」と病院では言われていましたが多忙な旦那に週末家事、育児を強力してもらいながらなんとかするしかありません。視力も乱視がひどくなっていたり。産前からの腰痛も再び悲鳴をあげたり、お産は全身の筋肉を使う大変なお仕事なだけに体の回復には睡眠と周囲のサポートが重要であることを実感していました。

 

話しはかなり飛びましたが、睡眠も大切ですが、日々の食事も気をつけながら体調管理ですね。空気の乾燥で感染症やウイルスも蔓延しやすい時期です。体調不良など悪化させないように、早く回復できるように皆さんも気をつけてくださいね。