人生バタバタ、日々修行。出会いに感謝。

10年ぶりにブランクからの復職、病気、育児、ワーキングママについてのブログです。

遠回り人生。育児、家事、仕事の両立でへこんだりのぼったり。

考え方変えてみました。

 

 

人生いろんなかたちがあるけれど、辛い時ってついついマイナスに気持ちがいきすぎてしまい、最近、自宅に帰ると今の自分に文句を言ってばかりになっていました。

けれど、今の自分に文句を言ってばかりでは現状は何も変わらないです。

文句だけでは道も開けないし、自分が辛いだけ。前向きになってくると気持ちも楽になります。自信が持てるようになるともっと楽になることも多いからこそ、今は仕事で沢山経験するのみ。

 

 

「辛いことは全て自分への経験」今の経験があるから次につながる。そう思って日々過ごしています。

 

 

私の年齢で看護師でキャリアを積んでいる方はかなりのベテランです。

遠回り人生かもしれないけれど、今はとにかく目の前の課題を乗り越えていくことが大事。

 

育児、家事、仕事の両立に毎日ぐったり。

 

看護師はどこも人手不足。入院、退院、検査、手術、残業、残業。

勤務は毎日バタバタです。

職場が遠く保育園、学童の迎えが間に合わなくなっていたり。

 

ワーキングママ、何がベストかなんてまだわからないです。

 

小学校一年学童待機に悩み働き方に悩んだ時を思えば今は病院病棟で働くこともできている。

 

看護師ブランクからの復職。

 

ブランクから働くって壁は沢山あるけれど、周りの理解や支え、職場の人間関係に支えられているからこそ乗り越えられていることが多々あります。

 

 

 

時に逃げたいくらい落ち込んだり、勤務は朝から緊張の連続だけど、1日の終わりが見えると心の中で今日も乗り越えた!そう思いながら日々経験あるのみで過ごしています。

 

 

 

 

心房細動② 内服。イグザレルトとワーファリン。

3月9日は脈の日なんだそうです。

昨年の健診にて心房細動を指摘された旦那、再発です。41歳。しばらく通院も治療もしないで経過していましたが、引っ越し先で今年の2月にカテーテルアブレーション治療をしました。(2回目)

 

引っ越ししたことと、引っ越し先にカテーテルアブレーションで有名な病院があったこともあり、今後の治療、通院を考え紹介状をもらい病院をかえました。病院初診日、心電図にて心房細動が出ているためすぐにイグザレルト(血栓予防)とタンボコール(不整脈改善)が開始に。

 

ワーファリンは薬価安いですが、作用機序にビタミンKが関与しているためビタミンKを多く含む納豆、青汁、クロレラなどを摂ってしまうとワーファリンの作用が減弱してしまう可能性があります。我が家は毎日納豆、スピルリナを摂取しているのでワーファリン内服中は旦那はビタミンKに気を付けていました。

イグザレルト錠15mg 530.40円 1日一回の内服。

ワーファリン錠1mg 9.60円

ワーファリンは昔、旦那はMAX時10.5錠まで内服していました。

 

薬価でみるとイグザレルトがとても高いです。

患者さんにイグザレルト内服している方、時々いますが薬価がこんなに高いなんて知りませんでした。値段まで調べたことなかったので。ワーファリンは旦那が昔、内服していたので薬価は知っていました。

 

旦那からイグザレルトになると聞き、最初は値段を見て高い!と感じましたが、ワーファリンよりもコントロールしやすいなと今は思っています。

薬が1錠ですむことも内服管理には服薬忘れなどの負担も軽減になります。

イグザレルトは吸収率がよく食べ物との相互作用もほとんど影響ないこと、ワーファリンのようにこまめに血液凝固能を検査して用量調節をしなければいけないということもありません。ワーファリンはなかなか効果が出ていなかったため用量も一時期かなり増えていました。医師からも今まで出したことがない量とまで言われて正直旦那も私もこんなに増えて、今は副作用なくても今後大丈夫なのかと不安でした。

効果がかなり出にくかったこともあり、採血時もすぐに血が止まっていたけど、イグザレルトを服用始めてから血液検査時、血がとまりにくくなったと話していました。

 

 

心房細動の合併症として最も恐れるべきは脳梗塞(心原性脳梗塞)重症化しやすいです。

脳梗塞の中でも後遺症や麻痺などの合併症を起こす可能性が高いと考えられています。

 

何故心房細動があると脳梗塞を発症する確率があがるのでしょう?

心房細動は心房が規則正しく収縮できないため心房内の血流によどみができ、血栓(血の塊)ができます。これが剥がれた時に血栓が動脈を通り脳にいき、脳の太い血管を突然詰まらせてしまいます。

私が病院勤務で入院治療中の患者さんに心房細動が既往にあり脳梗塞を発症した方がいました。

旦那の主治医も心房細動の合併症の脳梗塞を何よりも心配し、カテーテルアブレーション治療後も心房細動のコントロールが重要であることも私達にしっかり伝えてくれました。

息子よ、朝から、、、そうきたか(涙)

今日は保育園の遠足でした。

ママは沢山食べる息子のためにせっせと弁当を詰めていました。

 

娘:「ママおはよう。」

少し遅れて息子も起きてきました。

息子「おはよう。遠足だー。わーい。」

 

あれ?なんだか顔が違う。寝癖かな?

 

私は息子の見た目の違和感を感じつつ、弁当に続いて朝ごはん準備進めていたのですが、なんだか息子の見た目がやっぱり違う。

 

娘に「なんだか、顔違うよね?」と息子の違和感について聞くと

娘:「うん!違う!」

 

 

近くに行き、よ~く息子を見ると、、、

 

( ̄▽ ̄;)💦(|| ゜Д゜)💦

 

ま、え、が、み、がー!!!!

 

 

ザクザクにー。

 

 

しかも、超短くなりすぎて剃りこみのようになっている部分まで。

 

 

いったい、いつのまに切っていたんだ?

 

とりあえず自宅のバリカンで急いでなんとか、なるべくザクザクの酷さが軽減できるようにカット。けど明らかにおかしい。

 

今まで眉毛のちょっと下だった前髪だったので激変しすぎ😵

 

息子:「目がかゆくて切ったの、昨日の夜ね。」

花粉症もある息子、まさか昨日の夜に鏡も見ないで切っていたとは。

もしや、ママが片付けしている間か、、、。息子が静かな時こそやっぱり危険⚠️

ママは息子の寝顔横向きだったから気づかなかった。

昨日はぐったりしてママすぐに寝ちゃったからなー。

髪の毛はゴミ箱に捨てていたそうで、確かにハサミだけが朝、テーブルに置いてありました。

 

怪我なくて良かったけど、危ない。

 

保育園ではお友達に「お猿さん」と言われたそうで、「もう自分で切らない」と息子話してました。

 

そうそう。危ないし、自分では切らないでね👻昔もハサミで自分の髪の毛切っていたけど、親が注意しても自分で実感しないとわからない息子です。

 

朝から予定外の髪の毛カットで

 

ママは今日もバタバタぐったりでした。

滋養強壮に鶏ガラスープ 体も心もほっこりに。

f:id:ikujikango:20190126215836j:plain

フードジャー


最近は節約で社食からお弁当にしています。

そして体を温め、気持ちをほっこりとさせてくれるスープが定番になりました。

手作り弁当のほうが荷物が増えたり、ちょっと手間は増えるけど、自分の気分でおかずを考えられるし、慣れてくる。

ステンレスフードジャーに野菜たっぷり鶏がらスープと夜の残り物をおかずを詰めたり、時に缶詰め活用したりしながら時短で。子供がお弁当の時は自分用とは違うので適当にはできず少し手間が増えます。

 

疲れているとちょっとした洗い物も疲れるって思っていましたが、フードジャー活用しはじめてからおかずがそんなに必要ないですし、お弁当もシンプルになりました。

最近のお弁当の定番はフードジャーに鶏がらスープ。

 

鶏がらって身がないぶん食べることはできませんが、安いです。100円ちょっとですし、ダシがでて使えます。

我が家の簡単スープは鶏がらを水でさっと洗い血合いをきれいにします。鶏がら、昆布、和風だし、ショウガ、野菜沢山、水をいれてアクをしっかり取り除き煮るだけです。味付けは醤油など。朝は大きな鍋を温め直してまた冷すのも時間かかるので大きな鍋から必要な分だけ小鍋などに取り分けて温めます。

熱々の状態でステンレスフードジャーに入れれば昼休憩で丁度よい温度でスープが飲めます。

 

 

 

以前住んでいた環境でお世話になっていた中国の先生(私が先生と出会ったのはバタバタ子育て中で睡眠不足とストレスが続いていた時に半年でぎっくり腰3回してしまい、1年以上も歩くことが大変でバスの揺れが激痛で乗れず、電車の座席に座ること、長時間立っていることができず、自家用車も乗るのが大変、自転車を押すことも痛みが走り、生活もままならず。だけど家事、育児に休みはなく、病院の診断は軽いヘルニア程度でしたがどこで治療してもなかなか治らずだった時先生と出会いました。温めることを何より大切にしていた先生です。)から日本と中国の文化の違いを聞きそうなんだ!と思うことが多々ありました。その先生と出会ってからは体を温めることを大切にし、冷たい飲み物はなるべく控えるようになりました。

 

 

「日本はみんな産後ママたちは動きすぎる。日本人は偉いよ。ママたちパワフルだね、中国では産後髪も洗わないなんて言われていたんだから。家事は家政婦やヘルパーにお願いしてママは育児に専念し体を休めるの。」「中国では烏骨鶏のスープ飲むよ。」「日本は冷たいもの飲みすぎだね。」先生がよくそんな話をしていました。

 

産後の肥立ちってよく聞きますよね。日本では3週間は床につく。母親の1か月検診が問題なければ普通の生活に戻ってよいとされています。産後確かに育児、家事に休みはないため疲労は溜まりっぱなしです。私は産後すぐから子供たちの通院で病院をはしごすることになったり、子供たちの病気の関係で寝不足が続いたこともあり、悪露が半年近く続いてしまいました。「無理しないでなるべく休んでください。」と病院では言われていましたが多忙な旦那に週末家事、育児を強力してもらいながらなんとかするしかありません。視力も乱視がひどくなっていたり。産前からの腰痛も再び悲鳴をあげたり、お産は全身の筋肉を使う大変なお仕事なだけに体の回復には睡眠と周囲のサポートが重要であることを実感していました。

 

話しはかなり飛びましたが、睡眠も大切ですが、日々の食事も気をつけながら体調管理ですね。空気の乾燥で感染症やウイルスも蔓延しやすい時期です。体調不良など悪化させないように、早く回復できるように皆さんも気をつけてくださいね。

 

ブログを始めたのは、、、。

なんだか全く落ち着かない人生です。

目まぐるしい毎日です。

けれど、どんな時も周囲の環境に支えられていることを常々感じています。

 

8年間の育児が濃厚すぎて育児キャパオーバー。

キャパオーバーで育児以外の記憶がかなり消えています。

 

看病、通院、子供の発達を通して???の連続で、発達については育てにくさを感じる日々疲労続きで体はガタガタに。

 

睡眠時間もほとんどなく、私自身全く余裕ありませんでした。

 

 

育児を通して感じること、感じてきたことが沢山あり、その経験ブログにしなよ!と言ってくれるママもいましたがパソコン苦手だったこともありなかなか進まず。

 

 

今やっと振り返ることができていますがパソコン苦手、、、です。

職場の電子カルテの記録で時間をとられている私、みんながあっという間に記録を終えているのに誰よりも時間がかかっています。

来年にはもう少し見やすいブログになれるように頑張りますね。そして仕事効率も上げていきたいな!じゃなくて仕事効率上げます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アトピーっ子① 冬。育児で悩んだら。

良くなったり、悪くなったりを繰り返すアトピー

 

冬の乾燥とともに肌の痒みでやすいです。

 

汗をかきにくく、熱がこもりやすいため、お姉ちゃんは汗をダラダラかいている時でも息子は汗をほとんどかいていません。熱こもると痒みに繋がります。

 

空気乾燥→肌も乾燥しやすくなる→肌の水分量が減りカサカサ→→肌がツルツルだと守られているけれど、肌がカサカサはバリア機能を失いバイ菌をすぐに受け入れやすくなってしまいます。

 

息子愛用のコンテス クリーンフォームがなくなったので注文しました。泡なので石鹸カスが残らず肌に負担もないのが長年愛用している理由です。円柱形のボトルで旅行先にも持っていきやすいです。

 

息子がまだ赤ちゃんの時に毎週のように皮膚科に通っていた時があり、薬剤師の方とよく話すようになりました。息子のアトピーに「ママ、赤ちゃんに何使っている?」と聞かれ、あるデータを見せてくれました。

アトピーっ子の皮膚の黄色ブドウ球菌量の変化について、市販されているアトピーにも負担なく良いと記載されている商品が実際のところ効果がありなのかどうかがわかるデータでした。

 

良いといわれる記載や情報が全てではないです。

 

自分に合うかどうかが一番大切です。自分に合うかわからないから、つい口コミや目立っている商品は気になってしまいます。

 

薬剤師さんがオススメしてくれた肌の負担が少なそうなクリーンフォームを試すことにしました。クリーンフォームはサンプルなくて、と少量を容器にいれてサンプルとして渡してくれました。実際使用して、息子の肌の水分とられる感じもなく私が使ってもつっぱらないので早速購入しました。

 

皮膚科医師からは自分の子供たちも使っているけど、クリーンフォームだとコスト高いし量が少ないからコンテス石鹸のほうにしてます。と、確かにクリーンフォームは割高です。コンテス石鹸をネットにいれてうまく泡立てして使うのも良いと思います。

石鹸は溶けやすいとのことで、お風呂場に置きっぱなしではドロドロに溶けてしまうので洗面所に置きっぱなしは注意です。

 

 

 

私、最近手の甲に冬は出やすい主婦湿疹でてます。洗い物をちょっとくらい大丈夫と手袋つけずにやってしまうと湿疹悪化→痒み→引っ掻き引っ掻き→ジクジク→どんどん悪化。してしまうので昨夜自宅にあった紫雲膏(しうんこう  トン脂使っているので臭いです。赤くなり、ガーゼ保護とかしていないと衣類にも薬の赤色がしっかりつきます。)つけて、カットしたガーゼつけて寝ました。朝には痒みもジクっとした部分も落ちついてます。

化膿してない引っ掻き傷程度であれば自分は紫雲膏で対応してます。

皮膚のサイクルは2ヶ月ほどかかるので1日、2日でよくなったからといって何もしないと結局また肌荒れするので一見良くなっても安心せず保湿、保護ですね。

 

アトピーっ子は引っ掻き傷からあっという間に感染、1日で広範囲に広がることがあります。とびひの場合は抗生物質入りでないと悪化します。息子の要注意時期は夏場、夏は蚊に刺され跡がなかなか消えません。お姉ちゃんは蚊に刺され跡がしばらくして消えますが、息子は消えず、しこりとなっているためついつい引っ掻きます→引っ掻きジクジク→ジクジクしたところを触った手で他を触り→とびひ

脚に蚊に刺された時、なかなか消えていなかったしこりをかいてしまい膝裏に湿疹→1日でひろがりとびひアトピーっ子とびひも重症化しやすいです。医師の指導によりシャワーを1日三回、薬つけてガーゼ保護1日三回交換していた時はとにかく大変でした。幼稚園行く前にシャワー、帰宅してシャワー、寝る前にシャワー。

幼稚園では自宅とは違い、運動で汗をかきっぱなしとなるため菌が増殖し悪化してしまいました。軟膏と内服薬治療していても治りが悪く医師より運動制限となりました→汗で悪化しているので幼稚園は休ませてください。となった経験あるため、我が家ではとびひにならないよう早めの対応で注意しています。

 

私もアレルギー体質なので蚊に刺された後は腫れあがりなかなかひかないです。痒みが辛いのはとてもわかります。ムヒとかステロイドでは痒みと腫れすぐに引きません私は。私と息子が効果ありなのはタイツコウ軟膏(黄色い軟膏です。甘い臭いです。息子はさつまいもみたいな香りだから、お芋薬って言ってます。確かに見た目もさつまいもペーストみたい。)でした。

 

アトピーっ子はとにかく予防と早い対応で痒みを早くに抑えてあげないとかきこわして悪化→皮膚どんどん荒れてしまう。無限ループになってしまいます。

 

 

 

よく子供が鼻をほじって鼻のまわりにとびひとなってしまうことありますよね。鼻の中には黄色ブドウ球菌が多いので免疫力低下した時などはとびひも注意です。アトピーっ子とくに。

 

体調弱っていたり、食べたい食べたいで沢山食べ、お菓子や油物食べ過ぎたり、小麦とりすぎたり、感染症などにかかると息子アトピー悪化します。本人も自覚しているので食べ物気をつけています。

わかりやすいですよね。腸に負担きてると悪化してます。

 

「こうちゃん、なんでバリア機能がみんなより弱いんだ!なんでみんなは沢山食べてもブツブツならないのになるんだ!」小さな頃沢山食べれない物が多く、幼稚園で給食が食べれなかったり、自分だけ違うことがあり、食べることが大好きだった息子はそう悔しがっていたことがありました。

 

「こうちゃんが今感じている思いは大切なんだよ。辛いこともあるかもしれない、けれど、同じように感じている人の気持ちがわかるって素敵なことだよ。」そんな話しをしたことがあります。

 

小さな子供にとっては目の前のことが全て、だから子供なりにわかってはいても我慢はとっても大変なこと。

 

生後1ヶ月乳児湿疹の時から酷く荒れ、ジクジクと黄色い汁が溢れ、引っ掻き血が流れ、耳切れしていた息子の肌も今では周りから見るとアトピーとわからないまでに良くなっています、ベースに食物アレルギーがあったことアレルギー性鼻炎もあるので、もちろん食事や肌ケア気をつけなければ悪化します。

 

アトピーは身近にいる母にとってはとても辛いです。薬を塗りつづければよしではありません。

早く治してあげたいという焦りから民間療法のアトピーにきくと言われたら試してみたいと思う気持ち、先の 見えない姿に辛くなり、かきこわしている姿に涙したくなる気持ち。

いろいろあると思います。私もそうでしたし、今だって息子の肌には悩まされることも、それでも成長とともに良くなっていることも多々あります。

 

アトピー外来やアトピーの勉強会を患者さん向けにやっている病院などで勉強会に参加してみるのもアトピーっ子子育てでは良い情報となります。わからないこと相談してみてください。自分に合う医師を見つけてみてください。

同じ環境の仲間や相談できる仲間を見つけてみてください。

ブログで自分の思いを文章にするとまた違う視点で見れることもあるかもしれません。

 

何事にもそうですが、経験がないと想像できにくく、わからないこともあるので、周囲に理解がないと感じストレスになるのはマイナスです。

 

情報ばかりに流されず、今の状況ばかりに焦らず、ママの心も大切です。

 

育児は時にイラっとしつつも笑顔になれるよう、辛い時は笑えること、なんかホッとすること、幸せな気持ちになれることなんでもよいと思います自信を持ってほしいです。

育児にこれが正解!なんてないと思います。子供にとってはママやパパが全てだから笑顔でいてほしいです。だから溜め込まないで。

 

 

 

 

 
 

心房細動 ① 25歳

 

その日は職場の健診で心電図検査中、「こんな波形見たことありませーん!」と検査していた方、技師さんが大声で上司に伝えていたそうで、旦那も何事?とビックリ、職場の健診がしばらく中断していたそうです。上司が現れ、「波形が不整脈だね。」と伝え、後日、健診結果で心房細動がわかりました。

旦那、25歳の時のことです。

 

心臓は大きく分けて、心房と心室に分けられ、心臓全体でみると、右心房、右心室、左心房、左心室の4つの部屋に分かれています。

心房細動そのものは致死的な病気ではありません。不整脈の一つです。心房といわれる心臓のなかの上の部屋がけいれんするように不規則に震え十分に機能しなくなります。

規則正しく血液を送りだせなくなると、心臓の中でで血流が停滞し、血液の塊(血栓)ができやすくなります。血栓ができてそれが血流にのって脳までいくと脳梗塞になってしまいます。

 

 

 

脳梗塞予防にワーファリン(血液さらさらにする)処方されました。血液の凝固に必要なビタミンKの働きを抑える効果があります。ワーファリン内服中はビタミンKを多く含む納豆、クロレラ、青汁など摂取しないように気をつけます。ビタミンKでワーファリン効果弱くなります。納豆はビタミンKや大腸でビタミンKを多く作る納豆菌が多く含まれています。緑黄食野菜もビタミンKを多く含むので食べすぎ注意です。入院中の患者さんワーファリン内服中だと食札に納豆禁とかなってますね。

 

ワーファリン内服中はワーファリンは人により効き目が違い食事や体調の影響を受けやすいので効果を必ず判定します。1~2ヶ月に一度血液検査を行いワーファリン量を調節します。PT-INR:プロトロンビン時間 血液の凝固を調べる検査。

 

その他の内服、旦那、お薬手帳にちゃんと貼っていなかったので詳細わからずです。

 

お薬手帳大切ですよ。薬飲めてれば問題ないじゃん。って思っちゃうかもしれませんが薬の名前、ひとつひとつ全部覚えていられません。病院受診時は薬の記録、アレルギー、副作用などの情報は大切な情報です。

検査や入院時大切な情報源です。検査や治療、手術によってはお薬を中止する必要があるものもあるのでお薬手帳があれば情報がわかります。

 

 

心房細動の影響により、体調が悪いと階段がのぼれないことや、走るとすぐ息切れ、立ちあがり時のめまいがあったりしたそうです。

 

手術に対してはまだ若かったこともあり不安があった旦那は医師からの説明にあった数%の可能性だが、電気的除細動で治った事例もある。治らなくてもしばらくは症状でないと聞き、数%にかけてみたそうです。26歳の時に電気的除細動をしました。電気的除細動は根本治療ではありません。

 

電気的除細動により心房細動の症状でなくなりましたが、後に再び症状でることに。

 

「当時はずっと目指していたことがあって試験勉強と仕事。試験が受からなきゃ30歳すぎても仕事なしになってしまうから仕事はしていたかった。そんな中途半端な気持ちじゃ、仕事だってうまくいくわけがない。だから営業成績も伸び悩み、どっちもうまくいかないことにストレス。上司からも信頼されなくなる。」

 

営業成績がなかなか伸びない旦那に直属の上司は常に熱心に指導してくれていました。

 

モチベーションが高すぎてしまったことで、あれができない、これができないとなり葛藤していた旦那。

結果がでないことに自己嫌悪。

試験は一次が受かり、二次がダメだったということもあり、すっぱりとなかなか諦められなかったそうです。

出口の見えないマラソンを続けていることに悩みつつも、仕事をやめて試験勉強に専念し、試験一本に絞るまでの度胸はなく、何者でもない自分が許せなかったと後に話していました。

 

 

挫折、最終的に結婚のタイミングで両立は無理と悟りました。

仕事に熱中することで、直属上司のおかげで仕事の面白さがわかりました。

 

どんな状況がもそうですが現状を受け入れられない時は様々な葛藤がありストレスになっていたり。

 


仕事をするなかで後々、経験とともに自分の存在意義を発見できるようになったことも大切だとおもいます。

 

 

 

 

旦那の心房細動①でした。